霜乃会同人 講談:旭堂南龍 落語:桂紋四郎 浪曲:京山幸太 文楽:竹本碩太夫・鶴澤燕二郎 茶道:松井宗豊 能楽:林本大・今村哲朗

霜乃会 HEP HALL公演 2日目 昼

日時
会場HEP HALL(大阪市北区)
料金前売券4,000円
学生券2,000円(要学生証)
※当日券は販売致しません。ご予約のみとなります。

和の魅力、個の魅力が織りなす、新感覚エンターテインメント!

HEP公演は、年に一度の、一つのテーマのもとに、霜乃会(そうのかい)全メンバーが出演する機会です。

お申込みはカルテットオンライン(お支払方法:銀行振込)またはオンラインチケットPeatix(お支払方法:クレジットカード・コンビニ支払い)にて承り中です。

2020092829霜乃会公演チラシ

上演演目

浪曲《比良八荒 ひらはっこう》

比良産地を吹き降ろす比良颪。特に天台宗の仏事「比良八講」が行われる前後に吹く風を、「比良八荒」といい、湖国近江の春の訪れを告げる風として知られている。それにまつわる、ある僧侶に恋をした娘の悲恋譚。

出演:京山幸太 (曲師)一風亭初月

能・仕舞《龍虎 りょうこ》

晩秋の夜、最強とされる龍と虎の戦いが始まる。峰より雲が巻き起こり、雷雨が鳴り響く中、金色の龍が現れ、黒雲が竹林を覆ったと見えると、洞穴に籠っていた虎が現れる。

出演:(虎)今村哲朗 (龍)林本大 (地謡)武田宗典・樹下千慧・寺澤拓海

文楽・素浄瑠璃《生写朝顔話・明石船別の段 しょううつしあさがばなし・あかしふなわかれのだん》

以前「宇治川蛍狩りの段」で恋に落ちた阿曽次郎と深雪。お家の事情で一旦離れ離れになってしまいますが、ある初夏の夜、明石の浦で偶然にも再開を果たします。これからは行動を共にすることを約束しますが……。

出演:(太夫)竹本碩太夫 (三味線)鶴澤燕二郎 (琴)鶴澤清方

落語《池田の猪買い いけだのししかい》

冷え気に悩む男が、薬になるという猪の二句を買いに池田まで向かう物語。大坂の町中から、行く先炊きで道を尋ね、聞く人たちを閉口させながらも、どうにか雪降り積もる池田までたどり着くのだが……。

出演:桂紋四郎

講談《名月松坂城 めいげつまつざかじょう》

松坂30万石の大名となった蒲生氏郷。秋の月見の宴で、九州・岩石城での戦いの思い出話をするが、氏郷は自分の手柄を誇るばかりで、西村権四郎に助けられたことを認めない。権四郎は怒り、氏郷と言い争いになる……。

出演:旭堂南龍

茶道

出演:松井宗豊

※演目の掲載順は上演順ではありません。

新型コロナウイルス感染防止に関するお願い

今回の公演は、感染対策に留意した公演となります。ご来場の際は、必ず「2020年 霜乃会 HEP HALL公演におけるお願い」をご確認いただきますよう、お願い申し上げます。

最終更新日:

2020092829霜乃会公演チラシ